重機の買取|中古ダンプと重機の買取金額について知ろう

重機の買取事情について調べておこう

重機と建機の違い

建設業界において、重機と建機を利用することは普通ですが、重機と建機の違いについてご存知でしょうか。重機は、土木や建設工事に使用される機械の総称で資材を運ぶことに利用されています。一方、建機は建築の作業に使用される機械の総称で、人力で運ぶことが難しい高い建物での工事などで利用されています。

買取業者で見ておくべきポイント

no.1

取引実績

重機を買取業者に買い取ってもらう際には、取引実績をしっかりと確認しておくことが大切です。取引実績が豊富なところは多くの利用者が信頼して売却しているということです。だからこそ、何よりも取引実績をチェックすべき!

no.2

専門業者かどうか

重機は一般的な車両とは違い、特殊な用途で利用される車両になります。だからこそ、専門的に買い取っている業者でなければ、安い金額で売却するはめになってしまうかもしれません。逆に、専門業者の場所はしっかりと販路も確保しているので、買取金額のアップが期待することができます。

no.3

見積り金額

買取業者は見積り金額を確認することで、優良業者かどうか手っ取り早く確認することができます。当然のこと、それにはご自身で重機の相場を把握しておく必要がありますが、高く売りたいなら相場について調べておくといいでしょう。また、業者を比較する手段として、一括査定するのもありです。

重機の買取

工事現場

重機について

重機とは建設業界で活躍するショベルカーやブルドーザーなどの総称で、建物を建てる上では欠かせない機械になります。今では、重機の種類も豊富にあり、様々な用途によって最適な重機が建設会社によって使用されています。

買取しずらい重機

以前では、重機を取り扱っている買取業者も少なく重機を売却する方はあまりいませんでした。しかし、最近ではネットが普及したことによって、中古重機を売りたい方と買い取りしたい専門業者が結びつかせることができ、買取取引を簡単に行なうことができるようになりました。

故障していても売れる

一般的な車両の場合、事故車や故障車などを売却した際には数万円程度の金額しか保証されません。しかし、重機の場合、故障していたとしても、年式や品質によってはかなり高い金額で取引されることもあります。ですから、手持ちの重機が故障していても諦めてないで、買取専門業者に査定しておくべきです。

広告募集中